【僕が人柱】Macbookで高コスパなUSB-Cハブは絶対これ【中華製】

ガジェット

みなさんMacbook使ってますか?Macbookじゃなくてもいいです。USC-C搭載のラップトップ全般で。

最初に【結論】
  • 9ポート&4K60hz対応の3,000円台としてはありえない高機能USB-Cハブだけど、聞いたことのないブランドの中華製。
  • 今回僕が買って人柱になったのでここでレポートします。
  • 利用環境はMacbookProで、4Kモニタに出力。
  • 自分の主な用途は「4K60hz出力」と「USB端子利用」
  • 一切問題なく使えています。満足。

Macbook Air / Pro 両モデルにUSB-C端子しか搭載されなくなったのが2016年。今ではUSB-Cに対応したアクセサリが多く発売されるようになりました。僕は満を持して2020年にMacbookProを購入!(前代:MacbookPro 2014Mid)はじめてのUSB-Cアクセサリ探しに心躍らせるはずだったのです。

しかし、USB-Cアクセサリ、未だにかなり高くないですか?

どうにかして安価なモノはないだろうかとAmazonで検索していたところ、高機能なのに異常に安い中華製USB-Cハブを見つけてしまいました。それがこの製品。

商品名と商品画像からして分かりやすい中華製品ですね。もうなんか凄い胡散臭い。Seloreは初めて聞くメーカー名です。検索してもコーポレートサイトやブランドサイトはヒットしません。

しかし、5000円以下のUSB-Cハブには殆どない「4K60hz」対応&給電ポート付きで端子の数は9つとかなりの高スペック。これに惹かれてついポチってしまいました。

Amazonで買えるノーブランド中華製というのは「本当に使えるのか」それとも「一瞬で故障して沈むか」、イチかバチか買うまで分からないのが面白いところ。

今回は僕が実際に買って使ってみたので、使用感や実際の性能をお伝えします。

スポンサーリンク

Selore&S-Global 9in1 USB Type C ハブのスペックと特徴

まず全体のスペックと特徴をまとめます。

このUSB-CハブはAmazonで3~4,000円で推移する中華製品。

表面のシルバーは金属製で質感は良好。Macのスペースグレイに寄せた色合いです。

本体以外の内容物

本体以外には「外箱」「説明書」のみのシンプルな構成。

説明書は英語・中国語で書かれています。難しい英語ではないのでほとんどの人は問題なく使えるでしょう。

USB-C ハブ・ポートの内訳

9 in 1 ポートの内訳は以下の通り。

9 in 1の内訳
  • HDMI x1 (4K60Hz)
  • HDMI x1 (4K30Hz)
  • DisplayPort x1 (4K60Hz)
  • USB3.0 x1
  • USB2.0 x2
  • SD card slot x1
  • micro SD slot x1
  • PowerDelivaly3.0 x1

映像出力だけでHDMIポート2つにDPポートが1つ、計3つ搭載されています。HDMIポーチのうち片方は4K60hzに対応しておらず、4K30hzまでの出力なので注意が必要。残る2つは4K60hz対応です。

4K60hzでの出力にはPCがDisplayPort1.4に対応していることが条件であるとの記載が説明書にあります。対応機種はAmazonの販売ページに記載があります。(DP1.2環境では30hzに制限)コレを間違えて買ってしまった方のレビューもあるほどに見落としやすい点なのでで要注意。

SDカードスロットは通常サイズとmicroサイズで一つずつ搭載。カメラとGoproを併用している人にとっては利便性が高くなるポイントです。

USB端子自体は3つの用意があるのですが、高速伝送ができるUSB3.0はひとつだけ。マウスやキーボードの接続に使う2.0端子と大量にデータを転送する3.0端子できちんと使い分ける必要があります。

USB-C給電にも対応。

機能だけ見るとかなりハイスペックで、到底5,000円未満で買えるものではありません。この製品の価格帯であれば「4K30hz対応」だとか、「給電なし」だとか、そもそもポートの数が少なめなのが普通です。

スポンサーリンク

この激安中華製USB-Cハブは実際に使えたのか

ここからは実際に使っての所感です。ちょっと厳し目に書きます。

4K60hz対応は本物。

今現在、LGの4KモニタをこのUSB-CハブのDPポートに接続して使っています。

特に問題なく綺麗な4K60hz表示を享受しています。システム情報は以下の通り。

画像の下の方「LG HDR 4K」。

USB端子、SDカードも良好

microUSB端子でGoProで撮影したものの読み込み、USB2.0端子でUSB給電アクセサリに接続、USB3.0端子でUSBフラッシュメモリのデータを転送、いずれも問題なくできました。

給電ポートは使えないわけではないが、過信は禁物

次にUSB-Cの給電ポート。私も最初は使っていたのですが、動作の重いクリエイティブソフトを複数同時に立ち上げていると100%を切ってしまうこともあったため、PCに直挿しするほど安定した給電はできないようです。過信は禁物。

だいたいの場合はPC本体のUSB-Cポートに余りがあるでしょうから、そこに直接給電用のUSB-Cポートを差し込んだほうが無難でしょう。クリエイティブ用途かつ既ににポートが常に全て埋まっている方にこの製品は向きません。

説明書の記述が謎

説明書には「クローン表示のやり方」「拡張表示のやり方」「コラージュ表示モードのやり方」以上3つについて記載されています。ほとんどの人が使うのが拡張表示でしょう。そのうち「拡張表示」「コラージュ表示」の説明欄には「NOT supported by Apple」と書かれています。

ちなみに僕はMacbookで拡張表示が全く問題なくできています。

そう、謎。

【結論】給電の不安定さはあれど、価格を考慮すれば高コスパなUSB-Cハブ

説明書が一部謎だったり、給電が完全ではなかったりはしましたが、4K60hzを全く問題なく使えた時点でかなり満足できました。4K60hzに対応するUSB-Cハブでコレほど安いものはなかなかありませんから。

それにしてもTYPE-Cってこんなに便利なんですね。

以下まとめ。

「まず4Kモニターに接続したいならこのUSBハブは良き選択肢」(4K60hzに対応しているから)

「複数台のストレージを同時接続して大容量の転送をしたいなら別のものを」(USB3.0は1つのみ)

「多くの仕事をこれひとつでこなせるので、とりあえず迷うなら買ってみてもいいかも。安いし。」

「USB-Cハブ経由の給電に命をかけるならダメ。でもそんなに重要?」

僕が使っている4Kモニター

コメント

タイトルとURLをコピーしました