『Amazon純正スマートプラグ』はおすすめできるが買う前に確認すべき注意点あり【Echoが無くてもOK】

生活の道具

コンセントの電流オンオフをスマホや音声で操作できるスマートプラグ。Amazonがオリジナルブランドで出しているものがあります。

その名も「Amazon純正 スマートプラグ」。そのまんま。

最近購入して実際に使ったので、良いところ、買う前に気をつけるべきところをまとめて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

買いやすい価格帯とAmazon純正の安心感、そして圧倒的使いやすさ

価格は1980円。中華製だともっと安いものもありますが、きちんとしたブランドの泊がついたスマートプラグの中では恐らく最も安い部類です。しかも、時々半額になることがあるのでそのタイミングを狙ってもいいでしょう。地味な着目点ですが、もちろん技適取得済みです。(本来なら技適なんてついていて当然なのですが、安い中華製のものにはついてないこともあるので意外と重要です。)

内容物は「本体」「説明書」の2点のみ。(画像)

説明書と言っても中身の文字数はかなり少なく、プラグをコンセントに繋いだらEchoに「プラグ1に接続して」と話しかけるだけで設定完了です。

また、Echoがなくてもスマートフォンアプリ『Amazon Alexa』から操作可能です。あくまでアプリからの操作であって、Hey, Siri.やOK, Google.は使えないので要注意。後から「Siriに移行しよう」とか思ったら買い替えが必要です。このあたりってファームウェアアップデートで将来的にどうにかならないかな?

アプリだけで直接オンオフを切り替えることもできるし、Echoで操作できるよう設定することも可能です。僕の場合は「アレクサ、電気つけて」とEchoに話しかけることでスマートプラグに接続された照明に電気が流れるようにしました。作業机と照明の位置が離れていたので重宝しています。

本体側面には電源ボタンがありますが、最初のセットアップさえ終わればまず触ることはありません。前面の小さな穴はパイロットランプ。セットアップ時に青く点灯しますが普段は消えたまま。目立つことはありません。

事前に知っておいたほうがいい注意点

意外と大きいサイズ感。コンセントとの干渉に注意。

それから、買う前に知っておくべきことがひとつあります。

それはプラグの大きさ。幅70mm、高さ38mmです。でかい。

画像の通り、3口のコンセントだと隣り合うコードに干渉してしまいます。(画像のコンセントの場合は1口にスイッチが割り当てられていますが)

買う前に、必ずどのコンセントに差し込んで使うのか確認しておきましょう。僕は3口コンセントで使おうと考えていたので、延長コードをかませることで解決しました。

あくまで電流をオン・オフできる装置。できないことは意外と多い。

意外と見落としがちな点です。

スマートプラグはあくまで電流のオンオフを切り替えるなので、電流以外に電子制御されている家電では使えないことも多いです。例えば、オンオフ操作がスイッチ式の扇風機では使えますが、リモコン式の扇風機では使えません。

また、火災の危険がある暖房器具、電熱系器具での利用は危険なので禁止されています。

『Amazon純正スマートプラグ』は手軽に、便利に、未来を体験できる製品。

結論、買って良かった。これのおかげでスイッチを押すためだけに席を立つことが無くなったのは地味なようですが、作業の集中を欠く要素が減るのでありがたいです。また買い増すかもしれません。

スマートホームの良いところには単純に便利だとか、ストレスが減るだとか、直接的な利便性を得られることが根底にあります。

でも個人的にはそれ以外にも魅力を感じています。それは声で複数のオンオフ操作を一斉にする操作から感じることのできる未来感です。どういう操作でどういう効果があるのか、理屈は分かっていても、最初にセットアップして操作したときは少し興奮を覚えました。もしあなたがまだスマートホーム系の製品を使ったことがないのであれば、2000円以下で得られる手軽な未来感をぜひ感じてみてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました