分かりやすく理解する『アフォーダンス』3つの例【人間中心デザイン】

デザインの検討材料

この記事では、人間中心デザインのなかで設定されている発見可能性のひとつ『アフォーダンス』を用いたデザイン事例をUI/UXデザインとプロダクトデザイン分野からいくつか共有します。

目に見える形で記号化されたシグニファイアと比較して、アフォーダンスは無意識に理解していることも多く、ピンと来ていない人も多いと思います。僕も最初はそうでした。しかし、悪いデザインには悪いアフォーダンスが含まれていることが多々あり、これを理解することは重要です。特にwebデザインやアプリのUIデザイン・プロダクトデザインを扱うには必要不可欠でしょう。この記事で実例を見て、無意識だったものを認識しやすなるお手伝いができれば嬉しいです。

この記事を読んでほしい人
  • アフォーダンスをいまいち理解できていない。
  • デザインの勉強を始めようとしている、もしくは初心者。
まぐ
まぐ

まぐ(@magsbase)です。デザインやクリエイティブの領域で勉強したことを共有しています。Twitterのフォローをお願いします!

スポンサーリンク

先にアフォーダンスをざっくりおさらい

アフォーダンスは、「ものを見た時に、それが何をできるのかを思い描くことができること」を言います。

具体的には、取っ手がついた扉を見たら何も指示されてくても「押し引きして開けることができるんだな」と想像できることです。

指示やサインがなくても自然に動作が分かるとストレスが減って良いですよね。

ちなみに、扉に書いてある「押」「引」のように具体的な指示をする表示はアフォーダンスではなくシグニファイアです。これはWeb系やUX系を志向されている方を中心に間違われていることが多いです。もし知らなかった方はこの際に覚えちゃってもいいと思います。

アフォーダンス含めた「人間中心デザイン」については、言葉の出どころとなった著書を元に以下の記事で解説しています。人間中心デザイン自体をまだ知らない方はこちらからチェックすることをオススメします。

【例1】ゴミ箱の口の形状

まず最初の例。公共の場に置かれている分別ゴミ箱の投入口はひとつのアフォーダンスです。

拳より一回り大きくくり抜かれた丸い投入口は「ペットボトル・カン・ビン」のいずれか、ゴミ箱の置かれた場所が紙コップでドリンクを提供するカフェであれば「カップ」を捨てる場所であることが自然と分かります。

また、駅の構内に置かれたゴミ箱の場合、新聞の形状を思わせる長細く切り抜いた投入口から「紙類の投入口」をアフォードしたものがあります。最近は紙の新聞を見る機会が減ったので近い将来アフォーダンスとして機能しなくなるかもしれませんが。

【例2】珪藻土傘立て

2つめの例です。こういったプロダクトをご存知でしょうか。

三角にかたどられた珪藻土マットにのように見えます。しかしこれを玄関の隅っこに置くと・・・

傘を立てかける場所に早変わりします。

「玄関のすみに置くもの」は「傘立て」であるという意識と、(おそらく)誰もが経験したことのある「傘立てがない時に、地面のタイルのくぼみに傘の先を引っ掛けて立てかける」経験をかけ合わせると、玄関の隅に置かれた窪みのついた三角のマットが勝手に傘立てであるようにアフォードしてしまう訳です。考えた人は天才か?

【例3】画像でいっぱいに覆うWebサイトのトップページ

3つ目はWebページの例。webサイトを開いた時にブラウザ画面いっぱいに画像を広げるような表現はよくあると思います。

しかしこのままだと「スクロールできるのか」「できるのならどの方向にスクロールするのか」もしくは「トップページは画像だけでメニューから次のページに飛ぶのか」かがぱっと見た一瞬では分かりません。ではこうするとどうでしょう。

スクロールのシグニファイアを追加しました。こうすれば画面全体に画像を出しつつもスクロールできる事がわかります。しかし、テキストやアイコンのようなシグニファイアなしでも次のように表現できます。

画像の下部を斜めに切ってみました。一切のアイコンやテキストを使わなくても画像の下にコンテンツがあることをアフォードできています。シグニファイアを用いた例と比較すると情報量が少ない分すっきりして見えます。

【おまけ】日常で無意識に認識しているアフォーダンスは意識するとシグニファイアになるのか【哲学】

アフォーダンスを用いたデザインの例を3つ紹介しました。僕自身最初はアフォーダンスとシグニファイアが混同してしまっていたのですが、具体例を考えながら理解することができるようになりました。理解ができてもそれを自分が制作するモノに落とし込めるかどうかはまた別の話。

自分が人間中心デザインを理解するために、実際に色々な製品を見て「これってアフォーダンスだな」「これってシグニフィアだな」と意識してしていると、だんだんアフォーダンスであったものががシグニファイアのように見えてくることがあります。だって人間中心デザインを学んだ人がモノをデザインしたなら、アフォーダンスの認識を取り入れたモノがあるわけですよね。そのデザインの意図をこちらが認識して扱ってしまったらその認識した意図ってシグニファイアじゃん。

謎を解明するため、maglog管理人はアマゾンの奥地へと向かった――。

コメント

タイトルとURLをコピーしました