Mac PC デザインの道具

カラーマネジメントモニター選びで失敗したこと・分かったこと【おすすめモニターも紹介】

色を正確に表示するためのモニター「カラーマネジメントモニター」ですが、価格帯は5万円から50万円以上とピンキリ。性能を見てもかなりのばらつきがありますり、はじめてのカラーマネジメントモニター選びはかなり迷うものだと思います。

この記事では、デザインや映像まわりの仕事をさせていただいている僕がはじめてカラーマネジメントモニターを検討〜実際に購入した経験を元に、「失敗したこと」「これを知っておくべきだった」と思ったことをまとめます。

さらに、まとめた内容をもとにおすすめできるカラーマネジメンモニターを洗い出してみたいと思います。

皆さんのカラーマネジメントモニター選びの参考になると幸いです。

mag

この記事ではマネジメントモニター特有の特徴や問題について扱います。

一般的なモニター全般に言える大きさや解像度などといった基礎は別の機会にまとめたいと思います。

そもそもカラーマネジメントモニターで何ができるのか。

まず、カラーマネジメントモニターには何が求められるのでしょうか。

  • 広い色(色域・色空間)を見る、もしくはP3やAdobe RGBなどの規格を再現する
  • 画面全体で色むらや輝度のむらなく正確に色を表示する
  • 簡単に色合わせ=キャリブレーションできる

この中でよくあるのは、恐らく「もっと広い色(色域)を見られるようになりたい」ことではないでしょうか。

色域とは:モニターが表現できる色の広さのこと。噛み砕いて言えば「モニターがどれだけ広い範囲の色を表示できるか」を示します。

色域が広いモニターで作業をすれば、「モニターで編集した画像と実際に印刷した画像の色が違う」「制作した映像作品を別のモニターで映したら想定していない色が入ってしまった」...このような事態を防げるわけです。

そこで、より正確に色を確かめるために色域が広いモニターが欲しい訳ですが、色域が広いとはいっても「水色系の色域を広く映せるモニター」もあれば「黄色系の色域を広く映せるモニター」などモニターによって色域の広さが異なると、使うモニターによって色が変わってしまいます。

この問題を解決するのが、AdobeRGBやsRGBなどといった色の規格。これを次に説明します。

色域が規格(AdobeRGBやsRGBなど)の範囲をカバーしていることと、規格に対応していることは別のこと。

色域が広くても、好き勝手に「水色がめっちゃ広い」「黄色が広い」などと好き勝手な方向に色域を広げてしまっては、モニターによって表示される色が変わってしまします。

そこで、仕事などでやり取りがしやすいよう、具体的な色域やガンマを定めた規格が多数存在します。

特に有名なのは以下の3種ではないでしょうか。

  • AdobeRGB:主にAdobeソフト、中でも印刷系で使われる規格。かなり広い範囲をカバーする必要があります。
  • DCI-P3:主に映像系、特に映画系で使われる規格。最近のApple製品搭載モニターはこの規格と同等の色域をカバーしています。
  • sRGB:主にウェブで使われる規格。最も一般的で、上の2つと比べると範囲は狭めです。

この3つを簡単な図にまとめてみました。

カラーマネジメントモニターは、「sRGB 100%」「AdobeRGB 99%」などと規格にどれくらい対応しているかをパーセントで示していることが一般的です。例えば、EIZOのCS2740の販売ページには「AdobeRGB 99%」と表示されています。

上の図から、Adobe RGBとDCI-P3の色域の中にsRGBがすっぽりと収まっていることがわかります。ですから、AdobeRGBに99%対応しているのであれば、sRGBにも100%対応しているだろうと予測できますよね。

しかし、AdobeRGBの色域を100%カバーできるモニターを買えばsRGB規格でも使えるわけではありません。

【注意】正確には、Adobe RGBかDCI-P3の対応モニターを買えばsRGBにも対応しているわけではない

上で紹介した通り、Adobe RGBの色域を100%カバーしたモニターならもちろんsRGBの色域を全て再現することができます。

しかし、「Adobe RGB 100%」=「sRGB規格に対応」ではありません。

これは単純な話。sRGBで扱うはずの仕事をAdobe RGBを100%表示した状態で作業すれば、実際には見えない色まで見えてしまう状態で作業することになります。この問題を解決するために、あえて表示する色域を減らしてsRGB規格に対応したいわけです。

そこで、モニターには色域を調整する機能が必要になります。Adobe RGB 99%のモニターには多くの場合、色域を減らしてsRGBに対応するカラーモードが搭載されているので、これを使えばsRGBに沿った作業することができるわけですね。(画像)

(ちなみに、Adobe RGBかDCI-P3に対応しているモニターはsRGBにも対応していることが多いはずです)

【まとめ】色域が十分でも、その規格に対応したカラー設定・モードが無ければマズい

しかし、このカラーモードが僕の失敗を呼び起こしました。これを次に解説します。

【注意】Adobe RGBなどの規格はパーセント(%)だけでなく「カラーモード」でも必ず確認する

僕はEIZOのCS2740を購入しました。このモニターはAdobe RGBの色域を99%カバーしていながら「Adobe RGB対応モニター」を謳っていたので、僕は次のように考えました。

mag

Adobe RGB 99%でAdobe RGBに対応しているということは、Adobe RGBの色域を完全に再現できなくてもモニターが表現できる範囲で最善の設定がされたカラーモードが用意されているんだな。

じゃあDCI-P3も同じように、再現できる色域の中で最善の設定がされたカラーモードが用意されているんだな。

しかしこれが失敗でした。実際に購入したCS2740を起動すると、搭載されていたカラーモードは「Adobe RGB」と「sRGB」の2種類だけ。

慌てて公式サイトを見ると、きちんと「対応カラーモード:Adobe RGB, sRGB」と書いてありました。

他のモニターの場合も公式サイト等を確認すれば搭載されているカラーモードは分かるはずなので、必ず事前に確認すべき。これがこの記事で一番伝えたいことです。

【まとめ】Adobe RGBやDCI-P3などといった規格にモニターが対応しているかどうかは、色域の広さ(%)だけでなく、必ず搭載されている「カラーモード」でも確認する。

キャリブレーションを活用して自力でsRGB対応カラーモードを作ること自体は可能

キャリブレーションソフトを使って、好みの規格に合わせられるよう自力で設定することは一応できるようになっているようです。

こちらのブログが参考になります→https://omoide-photo.jp/blog/srgb-calibration/

キャリブレーションの手間を考える

色の規格の次に注意したいのがキャリブレーションについて。

モニターは使っているうちに色が勝手に変わっていてしまうので、時々色合わせ=キャリブレーションをしてあげる必要があります。

このキャリブレーションの作業はモニターの種類によって必要な手間が大きく変わるので、モニターのキャリブレーション方法はモニターの購入を検討する時に加味するべきです。

キャリブレーションの手間の多さはざっくり3段階に別れます。

  • 【①最も簡単】モニターにキャリブレーターが内蔵されている場合。自動でキャリブレーションができる
  • 【②次に簡単】モニター専用のキャリブレーションソフトと指定の別売りキャリブレーターがある場合。マニュアル通りの操作だけで簡単にキャリブレーションができる。
  • 【③最も面倒】特に指定がない場合。市販のツールを使うが、輝度やガンマなどを手動で調整する必要があり難しい。

順番に解説します。

【最も簡単な内蔵型】モニターにキャリブレーターが内蔵されているならとても簡単。ただし高価。

キャリブレーションは目に見えるモニターの色や輝度などを調整するものなので、画面の色や輝度を読み取る「センサー」を画面の上に置いて作業する必要があります。

カラーマネジメントモニターの中にはその「センサー」をモニター内に内蔵してしまっている機種も存在します。

引用:https://www.eizo.co.jp/products/ce/cg2700x/index.html

例えば、EIZOのCG2700XやDellのUP2720Qはこのタイプです。

こういった機種であれば、別の機材をつないだりする必要もないのでキャリブレーションしようと思ったときにすぐ終わらせることができます。

ただし、こういった機能を搭載したモニターはカラーマネジメントモニターの中でも上位機種が殆どなので、予算感を相談する必要があります。

【次に簡単な別売り型】モニター専用のキャリブレーションソフトと指定の別売りキャリブレーターがある場合。

モニター指定の別売りキャリブレーターとキャリブレーション用ソフトを使うパターンが最も一般的です。

この場合はモニター側とソフト側の連携が取れているので、自分はキャリブレーターを設置するだけで、あとはソフト側がモニターの色や輝度、ガンマ値を自動で設定してくれます。

引用:https://www.eizo.co.jp/products/ce/cs2740/index.html

「別売りのキャリブレーターを購入するコスト」と「キャリブレーターをキャリブレーションの度に設置する手間」の2点でキャリブレーター内蔵型モニターには劣りますが、その分価格は少し下がる傾向にあります。

ちなみに僕が購入したEIZOのCS2740はこのパターンで、本体とは別売りの専用センサー『EX3』と専用の無料ソフト『ColorNavigator』で調整できるようになっています。

【最も面倒】製品にキャリブレーション方法の指定がない場合

そもそもカラーマネジメントモニターを名乗っていない場合や、中華製なんちゃってカラーマネジメントモニターの場合は、専用のソフトやキャリブレーターがありません。

この場合は市販のキャリブレーターを使いながら手動でモニターの設定をする必要があります。しかし逆に言えば、カラーマネジメントモニターではないあらゆるモニターをキャリブレーションすることが可能です。

ソフトウェアが出した結果を元に手動でモニターの設定をする必要があるので、手間がかかる上に少しのテクニックも必要です。

僕個人の意見としてはこのタイプのモニターをカラーマネジメントモニターとして購入することをおすすめできません。

【まとめ】キャリブレーターのやり方は機種によって違うし、手間のかかり方も違う。購入する時にはキャリブレーターの扱いも検討の一要素に入れたい。

予算・状況別おすすめモニター【Adobe RGB編】

先に結論を言うと、僕が購入したのはEIZOのCS2740でした。ただし、DCI-P3のカラーモードを搭載していないことを知らずに購入してしまった点に後悔していますが、仕事で使う規格のうち7割がsRGBであること、そのsRGBモードがとても綺麗な発色をしていることから、とりあえずCS2740を使い続けるつもりでいます。

僕が実際のモニターを購入した経験と失敗を元に、人にオススメするモニターをまとめます。

以下の3パターンに分けてピックアップします。

  • AdobeRGB対応モニター
  • DCI-P3対応モニター
  • 予算10万円以下の場合&sRGB対応モニター

まずはAdobeRGB対応編です。

【予算19万円】4KモニターでAdobeRGBを扱いたい場合、信頼に足る中で最安なのはEIZOの「CS2740」

「4KかつAdobeRGBを扱いたいが、信頼を担保できる範囲で一番安いものに抑えたい!」ならば、僕も使っているEIZOのCS2740がオススメ。

4K27インチで、Adobe RGB・sRGBに対応。キャリブレーションには専用の別売りキャリブレーター「EX4」を購入する必要があります。別売りであることを逆手に取って、購入時期をずらすことで支出の負担を軽減することもできますね。

DELLやBenQなど数あるブランドの中でも日本におけるEIZOブランドへの信頼は特に厚いので安心感も十分です。DCI-P3は非対応ですのでご注意を。

  • モニターサイズ(インチ):27
  • 解像度:4K
  • 対応色域:Adobe RGB / sRGB
  • キャリブレーション:キャリブレーター別売り
  • 価格帯:18-19万円
  • EIZOブランドは国内での信頼が厚い
  • EIZOの4K&Adobe RGB対応モニターの中で最も安価なモデル

専用キャリブレーターもコストに入れて計算したいところです

【予算21万円】4KでAdobeRGB対応・キャリブレーター内蔵の高性能なモニター

上では信頼性の高さに重点を置いてピックアップしましたが、「4KかつAdobeRGBを扱いたいが、信頼よりも性能重視で安いものを!」という場合に候補に上がるのが、Dellの「UP2720Q」です。このモニターは4K、27インチ、AdobeRGB対応である他に、以下の2点が特徴です。

  • キャリブレーター内蔵
  • 遮光フード付属

普通であれば35~50万円のハイグレードなモニターにしか搭載されていないこのような機能を約21万円で入手できます。他に同等の機能を有した同価格帯のモニターは僕が調べた限り見当たりません。

DELL製品はEIZOほどクリエイターから強い信頼を集めているわけではありませんが、国内流通量も多く十分に信頼できると考えています。

  • モニターサイズ(インチ):27
  • 解像度:4K
  • 対応色域:Adobe RGB / sRGB
  • キャリブレーション:キャリブレーター内蔵
  • 価格帯:37万円
  • 十分有名で国内流通量も多いDELLブランド
  • 20万円台前半でキャリブレーター内蔵&遮光フード付属はこの製品だけ
mag

僕は最初に紹介したCS2740か、このUP2720Qを買うかで最後まで悩んでいました。

この価格でキャリブレーター内臓はかなりぶっ飛んでいます。安すぎ。

国内の口コミが少なめであるのは悩みどころです。

【予算37万円】カラーマネジメントモニターとして欲しいものが一通り揃うのがEIZO「CG2700X」

キャリブレーター内蔵、遮光フード付属、信頼性も充分なのがEIZO「CG2700X」。もっと高価なカラーマネジメントモニターもこの世にはたくさん存在しますが、基本が全て揃うのがこの段階になります。

AdobeRGBもDCI-P3もsRGBも全て対応の上、HDRでのリファレンスも可能です。

  • モニターサイズ(インチ):27
  • 解像度:4K
  • 対応色域:Adobe RGB / sRGB / DCI-P3
  • キャリブレーション:キャリブレーター内蔵
  • 価格帯:37万円
  • カラーマネジメントモニターとしての基本機能が全て揃うモニター

予算・状況別おすすめモニター【DCI-P3編】

【予算30万円】DCI-P3対応で価格重視ならEIZO「CS2740-X」

EIZOが発売している4KのDCI-P3対応モニターで最も安価なのが、この「CS2740-X」です。

キャリブレーターも内蔵型で、カラーモードはDCI-P3に対応。Adobe RGBの色域に99%対応しているものの、Adobe RGBとsRGB対応のカラーモードは無いようです。

  • モニターサイズ(インチ):27
  • 解像度:4K
  • 対応色域:DCI-P3
  • キャリブレーション:キャリブレーター別売り
  • 価格帯:30万円
  • DCI-P3に対応するEIZOモニターの中で最安

【予算37万円】価格度外視で本当に良いモニターを手にしたい場合は「CG2700X」

キャリブレーター内蔵、遮光フード付属、信頼性も充分なのがEIZO「CG2700X」。Adobe RGB編に引き続き2回目の登場です。もっと高価なカラーマネジメントモニターもこの世にはたくさん存在しますが、基本が全て揃うのがこの段階になります。

Adobe RGBでもDCI-P3でも扱える抜け目ないモニターですね。

  • モニターサイズ(インチ):27
  • 解像度:4K
  • 対応色域:Adobe RGB / sRGB
  • キャリブレーション:キャリブレーター内蔵
  • 価格帯:37万円
  • カラーマネジメントモニターとしての基本機能が全て揃うモニター

予算・状況別おすすめモニター【sRGB編】&【10万円以下編】

以下のような用途であれば、Adobe RGBやP3に対応していなくともsRGBに対応していれば十分なケースが多いと思われます。

  • 印刷せずにモニター上で楽しむ、趣味レベルの写真編集
  • Youtubeの動画編集(シネマティックVlogなど高い映像クオリティを求められる一部ジャンルを除く)
  • Web制作のお仕事

sRGB対応のモニターはAdobeRGBやDCI-P3と比較してかなり安価で、5~10万円でも購入することが可能です。一方で、この手のモニターはキャリブレーションに対応していないことが多く、その場合は市販のキャリブレーターを使った手動での調整が必要になので注意が必要です。

このような「sRGBに対応しているけどキャリブレーションできないモニター」は、「カラーマネジメントモニター」ではなく「クリエイター向けモニター」とか「デザイナー向けモニター」などと名付けられていることもあります。

【予算6-7万円】4KでsRGBを扱いたい場合はハードウェアキャリブレーションの有無で価格が大きく変わる

ASUSの「ProArt」シリーズのうち5~10万円程度の安価なモデルには、ハードウェアキャリブレーションに関する公式の案内が取扱説明書含めどこにも見当たりません。ごく一部のブログにハードウェアキャリブレーション対応と紹介している記事もありますが、具体的にどのキャリブレーターが対応しているかは書いておらず、信用できない状態です。

mag

ProArtシリーズのハードウェアキャリブレーション対応については僕がモニター探ししていた時にかなり探しました。もし情報をお持ちの方がいましたらTwtterでぜひご指摘ください。

ProArtの中でも高価なモデルはハードウェアキャリブレーションが可能なようです。

そもそも10万円以下の4Kモニターはハードウェアキャリブレーションに対応していないものが多いのが現実。それを前提にあえて10万円以下の中からモニターを選ぶなら口コミが多く信頼されている「ProArt」シリーズが良い選択肢になります。

sRGB100%の色域ながら、DCI-P3向けのカラーモードも一応搭載されています。

ハードウェアキャリブレーションが(たぶん)できないけど低価格な4Kモニターで、同価格帯の中では信頼されている

  • モニターサイズ(インチ):27
  • 解像度:4K
  • 対応色域:sRGB
  • キャリブレーション:(恐らく)機能非搭載
  • 価格帯:約6-7万円
  • 十分有名で国内流通量も多いASUSブランド

【予算9万円】4Kでなくても良いのであれば、EIZOのモニターも選べる

最近では4Kのコンテンツがかなり増えているので、ここまでは4Kのモニターのみしか取り上げていません。しかし、もし低い解像度でも構わないのであればハードウェアキャリブレーション対応でAdobe RGB / sRGB対応のEIZO製モニターが9万円で手に入ります。

  • モニターサイズ(インチ):24.1
  • 解像度:WUXGA(1920x1200)
  • 対応色域:Adobe RGB / sRGB
  • キャリブレーション:キャリブレーター別売り
  • 価格帯:約8-9万円
  • EIZOブランドは国内での信頼が厚い
  • 10万円以下でAdobe RGBとハードウェアキャリブレーションに対応したモニター。ただし解像度が低い

今回の選定では避けた機種

今回の選定で避けたモニターについても理由を添えて簡単に解説します。

今回の避けたのは次のブランドです。

  • AOC・ViewSonic等日本国内での流通数が少ないブランド
  • BenQ

国内での流通量が少ないAOCやViewSonicなど

今回、ViewSonicなど国内流通量が少ないブランドは除外しました。

ViewSonicは日本に進出している期間が短いだけでアメリカではそれなりに歴史のあるメーカーですし、必ずしもモノが悪いわけではありません。しかし、仕事でも使うような機材は、自分の属するコミュニティ内でその製品が信用されているのかが重要だと思っています。

例えばこんなシチュエーションがあったとします↓

僕「モニター壊れちゃった影響で納品遅れます🙏」
チーム「どのモニター使っているの?」

という話になった時に

僕「EIZOです」と言えば
チーム「代替え機早く用意してね」で終わりますが、

僕「ViewSonicです」と言えば
チーム「そんな無名ブランドのを使っているからだよ。大丈夫なの?」と評価されてしまうことは目に見えますよね。

実際に使えるか、性能が高いかという視点ではなく、国内で信頼されているかどうかという点も重要だと考え、国内であまり名の知られていないメーカーは除外しました。

BenQはSNS上で見られるレビューがかなり偏っている

BenQ製品はインフルエンサーに自社製品を大量にばら撒いてレビューしてもらっている傾向があるのですが、これはカラーマネジメントモニターについても同様です。広告自体は決して悪いことでは無いのですが、この関係でネット上で見られる口コミの内容がかなり偏ってしまっている実情があり、自分で調べた限りだと提供を受けていない体系立てられた口コミがほとんど見つけられなかったため、今回の記事では一旦除外しました。

実際、僕自身がモニターを検討する際にも同じ理由でBenQモニターを除外しています。

あくまで情報を掴みづらいことを理由に選定から外しただけですので、BenQ製カラーマネジメントモニターの品質が悪いとは限りません。しかし、BenQのモニターを購入する際は可能な限り実物を自分の目で見て購入を検討したいですね。

【まとめ】カラーマネジメントモニターは搭載されたカラーモードを要チェック。キャリブレーションの面倒さもモニターによって大きく変わることを知っておきたい

僕がカラーマネジメントモニターを購入した経験を踏まえて、見落としがちな注意点とおすすめできるモニターをまとめました。

  • sRGB/AdobeRGBなどの規格を使えるかどうかは、色域の他にも搭載されたカラーモードをチェック
  • モニターによってキャリブレーションの面倒さが大きく変わることを念頭に置く

特に伝えたかったのは以上の2点です。

知識が無い状態から頼れる同業者もいない中でカラーマネジメントモニターを初めて選ぶのは簡単では無いと思います。この記事がカラーマネジメントモニター選びで失敗する人を一人でも減らすことができたら幸いです。

僕が使っているカラーマネジメントモニター

-Mac, PC, デザインの道具